効果的な青髭対策方法を解説

青髭気になる

青髭対策の方法は数多くの方法があるが、その中でも特に効果的だとされる方法は3つ挙げられる。

1つ目は抑毛クリームや抑毛ローションを使用する方法である。抑毛クリームや抑毛ローションは髭に使うと新しい毛が生えることや毛の成長を抑制し、毛を細くする効果が得られる。そして青髭という現象はカミソリで剃った髭が太いままで皮膚の上から見えることによって起きるものだと考えると、毛を細くできれば当然青髭になることも防ぐことが出来るようになるというわけだ。クリームやローションは手入れとして毎日容易に出来る方法でもあるため、青髭の対策に時間を割くことが出来ない場合には適した方法だと言える。

2つ目は髭そのものを脱毛してしまう方法だ。例えば、医療レーザー脱毛では毛根に対してレーザーでアプローチし、毛根から毛を無くしてしまうことが可能である。そして毛が毛根からなくなれば当然青髭という現象は起こらなくなる。またニードル脱毛であれば、毛根そのものを破壊するためより高い効果が得られる。費用はある程度かかるものの、一度行えば長期間青髭が起こることはなくなるので1つの有効な青髭対策と言える。

3つ目は生活習慣の乱れを正す方法だ。実は食事による栄養バランスの偏りや短い睡眠時間しか確保できないなどの条件が揃うと男性ホルモンが過剰に分泌され、髭がより太くなってしまうことがある。そうなると青髭の症状が悪化する。しかし、反対に生活習慣を正し、男性ホルモンの感情な分泌を治すことが出来れば、髭が太くなることを抑えることが可能となる。生活習慣の乱れがある場合には、一度見直してみると良いだろう。

 

青髭を治すために医療脱毛が推奨出来る理由

青髭を治すために医療脱毛が推奨できる理由は3つある。

1つ目の理由は青髭に対しての効果が高いことにある。医療脱毛は医師が在籍している医療機関でしか行えず、また医療行為として使えるような専用の脱毛レーザー器しか使用しない。そして医療行為として行えるということはそれだけの確かな効果があることを意味する。実際に数多くある脱毛方法の中でも医療脱毛は比較的高い効果があると言われているため、確実な効果を望む場合には適した方法だと言えるのだ。

2つ目の理由は医療脱毛であれば、万が一の時にも直ぐに対応が出来るからである。青髭とは全身に生えている他の毛と比べると太く、色も濃い毛に分類される。そのためレーザーを当てると強く反応したりしてしまって、いくら慎重に行っていたとしてもやけどなどのトラブルが起こる事例もあるのだ。しかし、先程も解説した通り医療脱毛は医療機関で行うため、万が一やけどなどが起きてしまったとしてもその場で医師に診てもらい、軟膏などを処方してもらえるのである。

残る3つ目の理由は医療脱毛一度処置をしてしまえば、その後青ひげに悩むことはなくなるからである。エステサロンなどでの脱毛は一時的に毛がなくなったとしても毛が生える機能が失われているわけではないので、しばらく時間が経過すると再び青髭になってしまうことがある。一方で医療脱毛なら新しい毛を生えさせる機能そのものを破壊してしまうため、永久脱毛が可能なのだ。

青髭を脱毛することで得られるメリットとデメリット

青髭を脱毛するメリットは大きく分けて3つある。

1つ目のメリットは髭の処理にかけていた時間をなくすことが出来ることだ。青髭で悩んでいる人の多くはなるべく髭が青く見えないようにするために毎日髭を時間かけて剃り、その後抑毛ローションを塗るなどの処理をしている。しかし、一度脱毛をしてしまえば、髭そのものがなくなってしまうためそういった処理の時間が不要となるのだ。これは特に毎日が忙しい社会人などにとっては大きなメリットになる。

2つ目のメリットは青髭による悪印象を変えることが出来ること。全ての人ではないものの、中には青髭が見えてしまうと不潔など悪い印象を持つ場合がある。脱毛さえ行っていれば、そのような悪い印象も良い印象へと変えることも出来るのだ。

残る3つ目のメリットは肌の健康が良い状態になることにある。青髭に限った話ではないが、髭を毎日剃っている場合、肌には少しずつダメージが蓄積されていく。そして中にはそれが原因で肌荒れなどのトラブルが起こることがあるのだ。ところが脱毛さえしていれば、髭を剃る行為をする必要がないため、肌の健康を守ることが可能となるのだ。

青髭を脱毛することにはデメリットもある。例えば、一度永久脱毛してしまうと考えが変わって髭が欲しくなった時に短期間で髭を生やすことは出来なくなることが挙げられる。また髭の脱毛時には大きな痛みを伴うことがあることもデメリットの1つである。このように青髭の脱毛にはデメリットもあるため、十分に理解した上で脱毛をするか決めるべきだろう。

Menu

TOP