青髭処理後のスキンケア用品の選び方のポイント

青髭の処理後に使うスキンケア用品を選ぶ際に抑えておきたいポイントは大きく分けて2つある。

1つ目のポイントは抗炎症作用がある成分が含まれているかどうかだ。青髭というのは剃った髭の断面が皮膚の上から見えることが起こる現象であるため、処理をする時にはできるだけ深く剃ろうとする人が多くいる。そして深く髭を剃ろうとすると当然それだけ大きなダメージが肌には起こる。場合によってはそのダメージが原因でニキビや肌荒れなどのトラブルが起こることもあるのだ。そこで重要になるのが抗炎症作用のある成分である。抗炎症作用がある成分が含まれているスキンケア用品を使用すれば、こういった肌トラブルが起こることをある程度防ぐことが出来るのだ。しかし、肌が弱い人が使うと肌が痛むこともあるので、該当する場合には無理に選ぶ必要はないだろう。

2つ目のポイントは保湿効果のある成分があるかどうかだ。髭を剃った後に使う化粧水は炎症作用を抑える効果があり、また肌にとっての水分の補給にもなるが、保湿効果のある成分を使わなければ、その水分はすぐに蒸発してしまう。そして肌から水分が蒸発してしまうと肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうことがあるのだ。そのため保湿効果がある成分が配合されているかどうかも確認しておくべきである。

もし保湿のための成分が含まれていない化粧水などを使っている場合には、別で乳液などを使うことで肌のトラブルを防ぐことができるため、該当する場合には乳液などを並行して使うことを推奨する。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP