青髭を剃りすぎることで起こるトラブルとは

青髭を防ぐために髭を剃りすぎる人は決して少なくないが、実は青髭の剃りすぎは様々なトラブルを引き起こす原因となる。例えば、最も代表的なトラブルは肌荒れなどの肌トラブルだ。髭を深く剃ろうとすることや日に何度も何度も繰り返し髭を剃るとカミソリの刃の部分が肌に強く、そして何度も当たることになる。そして金属の刃は当然肌の上を滑ることで毛だけでなく肌そのものも多少なりとも削り、その結果として肌の健康状態が悪くなり、ニキビや肌荒れなどの症状が起きてしまうことがあるのだ。一度肌荒れやニキビが酷くなると痛みなどから通常通りに髭を剃ることすら出来なくなる。そうなると当然青髭への対策自体が何も出来なくなることを考えると、特に肌が弱い人は髭の剃り過ぎには注意するべきだと言える。

また青髭の剃りすぎで肌が荒れてしまうと、髭が太くなり青髭の状態がさらに悪化してしまうトラブルを引き起こすこともある。基本的に毛というのは何度剃ったとしても、太くなることはないとされている。しかし、肌が荒れてしまうと、毛を太くすることで肌を守ろうとする人間の本能が働き、結果として髭が太くなってしまうことがあるのだ。そのため例え青髭に悩んでいる場合であったとしても髭を剃りすぎるのは避けるべきだと言える。このように青髭の剃りすぎは様々なトラブルを引き起こすことがあるため、青髭に悩んでいる方は脱毛などを行い剃りすぎなくても済むように対策するべきだろう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP